大学ではなく専門学校進学を選ぶメリットとはなにか

専門性の高い勉強をすることができる

特定の職業について学ぶ専門学校に入学するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず、専門性が高い勉強ができるということが挙げられます。たとえば、ゲームのシナリオを書きたいという希望を持っていて進学する場合、大学の文学部に入るか、それともゲーム関係の専門学校に入るかということになりますよね。しかし、大学の文学部に進学した場合、創作文章の書き方を教えてくれるわけではありません。そういった意味では少し遠回りになります。

講師や同級生から影響を受けられる

しかし、ゲームの専門学校に入学すれば、シナリオの書き方を学ぶことができるので、直線的に知識を身につけることができるわけです。また、周囲から影響を受けられるというメリットもあります。というのは、講師は業界に詳しい人ばかりですし、学生は特定の業界に入りたい人ばかりだからです。当然、学生とは横のつながりができるので、希望の業界に入れたときに、会社が違っても同級生と情報交換をしたり、あるいは愚痴を言い合ったりすることが可能ですよね。

コネを作りやすく起業仲間も見つけやすい

コネを作りやすいというのも大きな魅力です。入りたい業界が特殊であればあるほどコネは作りにくいですが、専門学校には業界に携わる会社からバイトの求人が寄せられます。なので、学生のときから業界を垣間見ることができるのです。また、学生同士でビジョンが合えば、卒業後に起業するということできますよね。専門学校は卒業したら働きたい業界が決まっているので、一緒に起業をする仲間を見つけるのがさほど難しくありません。

今、若者に人気の、ゲーム業界を目指すためのゲームの専門学校。若者たちが子供のころから慣れ親しんできたゲーム。近年ではソーシャルゲームなどの発展もあり、その需要は増え続けています。