相続税の申告をするために相談をするところ

相続税の相談をするためには

税務署というのは意外としっかりと相談を受け付けてくれます。そもそも税金に関する相談全般を請け負っていますし、わからないところがあれば説明もしてくれます。そのため、相続税関係もやってくれることはあるのですが当然ながら節税などはしてくれないです。そんなことを教えることはないのです。実は出来る節税というのは意外とあります。相続税を少しでも減らしたいという長期的な願望があるならば税理士に相談をしてみるとよいでしょう。

贈与に関する非課税枠

贈与と相続というのは、似ているといってもよいでしょう。誰かに譲り渡す、ということになるからです。但し、相続の場合は基本的に死んだときのみです。そうなりますと贈与をしておけば相続のときに財産が少しは目減りするのでお得では、と思うことでしょう。これはなかなか良い方法ではありますが、注意することもあります。それが贈与税であり、この税金も覚えておくことです。但し、非課税枠がありますから、それを守れば問題ないです。

少しだけでも節税をするためには

孫の教育資金を出すことに関しても相続、正確にいいますと贈与の控除があります。これは最近になって出来た法律ですから、実はあまり知られていないのです。こうした方法もありますから、よく頭に入れておいたほうがよいでしょう。脱税は駄目ですが節税に関しては問題がないのです。そして、わざわざそれを政府なり税務署がアピールすることはないので、自力でどうにかするしかないわけです。それをよく理解しておいて行動するべきでしょう。

相続の手続きは死亡した人の戸籍をさかのぼって調査したりと煩雑なことが多いのです。相続税がかかる場合もあり一括して相続の申告を税理士に依頼すると簡単です。