クレジットカードを申請するときにはこれたけは知っておこう

信用情報が一番大切です

クレジットカードを新規契約する場合には必ず審査が入ります。審査の最初に信用情報登録機関の情報を照会します。そちらには過去のクレジット履歴を確認しますが、そこで遅延や延滞などの記録がある場合にはクレジット会社としては仮に貸付をした場合でも不良債権になると判断して、新規のクレジットカードの発行を見送る可能性が高くなります。遅延や延滞などをした人は信用情報登録機関からネガティヴな信用情報が削除されるまで待つ必要がありますよ。

勤務先も大切な情報です。

審査は信用情報登録機関から提供される信用情報だけではありません。勤務先も大切な情報です。クレジットカード会社としてはきちんと給与を支払わない会社だと、クレジット代金を支払わなくなると考えるからです。公務員や大規模な病院だと信用してもらえます。逆に自営業やプロスポーツ選手などは収入が安定していないと判断され審査が厳しくなります。自営業などだと税の証明書などを添付すると、クレジットカード会社の信用があがりますよ。

在籍確認は確実に受けましょう。

クレジットカード会社にもよりますが、職場への在籍確認が行われる場合もあります。在籍確認とはきちんと働いているかどうかを確認します。本人が電話に出れば一番良いですが、職場にいない場合にはきちんと勤務をしている事実が確認できれば良いです。万が一職場への在籍確認が取れない場合にはきちんと働いていないと判断されるだけでなく、申請時に嘘を記載する人と判断されます。そのためきちんと在籍確認をする必要がありますよ。

クレジットカードのリボ払いトラブルの相談件数が増えています。原因として、カード作成時に誤ってリボ払い項目にチェックを入れてしまう、リボ払い専用カードと知らずに使ってしまうケースが報告されています。